FRB議長、6月中旬以降に景気回復鈍化

共同通信 / 2020年7月30日 5時11分

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は29日、連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の記者会見で、新型コロナウイルス感染が再拡大した6月中旬以降、景気回復ペースが鈍化したとの認識を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング