JR東、8月も土日利用83%減 新幹線と在来線特急、厳しい出足

共同通信 / 2020年8月3日 16時59分

 JR東日本は3日、土日だった1、2日の新幹線と在来線特急の利用者は前年同期比83%減だったと明らかにした。4連休の後半だった前週(7月25、26日)は70%減で落ち込みが大きくなった。例年なら8月初旬は夏休みの旅行客が増え始める時期。今回は新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい出足となった。

 JR東によると、新幹線と特急の利用者は平日の7月27~31日も少なく、前年同期比70%減だった。前週の平日(同20~22日)は61%減だった。

 16都県主要18駅の自動改札利用実績は7月27~31日、前週とほぼ同様の傾向で減少幅が30~40%台の駅が大半を占めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング