<あのころ>「女三四郎」山口香がV10 草創期の女子柔道をけん引

共同通信 / 2020年9月6日 8時0分

1987(昭和62)年9月6日、女子柔道の全日本体重別選手権で山口香選手(筑波大大学院)が10連覇を達成。84年の世界柔道52キロ級で金メダル、88年ソウル五輪はまだ公開競技だったが3位。世界的にレベルが低かった日本の女子柔道をけん引し「女三四郎」と称賛された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング