「核ごみ処分は青森県外で」 条例求め弁護士ら団体結成

共同通信 / 2020年8月22日 18時36分

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の一時貯蔵施設を抱える青森県の弁護士らは22日、最終処分場の県内受け入れを拒否する条例の制定を求める団体を結成した。県は、核のごみは県外に搬出するとの確約書を国などと交わしているが、団体は県民の総意として条例で処分場拒否を明確にしたい考えだ。

 六ケ所村の貯蔵施設は1995年に核のごみの搬入を開始。国は30~50年程度で県外に搬出するとしているが、処分場の見通しが立たないまま期限が迫っている。

 弁護士の浅石紘爾共同代表(79)は「なし崩し的に最終処分地にされないよう、県民の意思を明確にすべきだ」と強調した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング