周庭氏逮捕、日経掲載広告が証拠 国安法違反事件

共同通信 / 2020年9月1日 23時35分

取り調べを受けた後、警察署の外で記者会見する民主活動家、周庭氏=1日、香港・新界地区(共同)

 【香港共同】香港の民主派団体「香港衆志(デモシスト)」元メンバーの活動家、周庭氏が1日記者会見し、香港国家安全維持法(国安法)違反の容疑で8月10日に逮捕された際、デモシストが昨年、国際社会の支持を求めて日本経済新聞に掲載した意見広告を容疑の証拠の一つとして警察に見せられたと明らかにした。

 国安法施行前に掲載した広告がなぜ証拠になるのか警察から説明はないとして「もし日経への広告が証拠となるのなら、ばかげている」と批判した。

 周氏は、8月11日に保釈された際の条件として、香港・新界地区の大埔警察署に9月1日に出頭することを求められていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング