ゴルフ、松山英樹は17位後退 米男子、今季最終戦

共同通信 / 2020年9月6日 9時19分

3番ホールでショットを放つ松山英樹=5日、米アトランタ(AP=共同)

 【アトランタ共同】米男子ゴルフの今季最終戦、ツアー選手権は5日、アトランタのイーストレークGC(パー70)で第2ラウンドが行われ、14位で出た松山英樹は3バーディー、3ボギーの70で回り、通算4アンダーで17位に後退した。首位とは変わらず9打差。

 70で回ったダスティン・ジョンソン(米国)が通算13アンダーでトップを守った。64と伸ばした任成宰(韓国)が1打差の2位に浮上し、3位は11アンダーのザンダー・シャウフェレ(米国)。首位スタートのジョン・ラーム(スペイン)は74と崩れ、9アンダーの5位に後退した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング