全仏テニスは観客1万人超で開催 指定ホテルなど感染防止策

共同通信 / 2020年9月8日 11時39分

全仏テニス会場、ローランギャロスのセンターコート=2018年、パリ(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】フランス・テニス連盟は7日、四大大会の全仏オープン(27日開幕・パリ)を新型コロナウイルスの感染防止策を講じた上で各日上限1万1500人の観客を入れて開催すると発表した。会場を三つのエリアに分けて接触を避け、二つは各5千人、一つは1500人に制限。11歳以上にマスク着用を義務付ける。予選は無観客とする。

 主要なコートは最大4人一組で着席可能でグループ間には空席を設ける。残りのコートは1席ずつ間隔を空ける。選手は指定ホテル滞在が求められ、大会前と大会中に定期的な検査を受ける。会場には試合当日のみ入場でき、その他の日は練習会場で調整する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング