バーレーンも国交正常化 対イスラエル、関係改善進む

共同通信 / 2020年9月12日 8時35分

トランプ米大統領=11日、ホワイトハウス(AP=共同)

 【ワシントン、エルサレム共同】米ホワイトハウスは11日、トランプ大統領の仲介により、イスラエルと中東バーレーンが国交正常化で合意したと発表した。イスラエルとペルシャ湾岸のアラブ諸国の国交正常化は、8月発表のアラブ首長国連邦(UAE)に続き2カ国目。他のアラブ諸国も追随する可能性があり、パレスチナ問題で対立してきたイスラエルとの関係改善が進んでいる。

 トランプ氏は11月の米大統領選に向け、外交実績として打ち出したい考えだ。イラン包囲網を形成する狙いもあり、今後は中東の大国サウジアラビアの動向が焦点となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング