県議、現金は「選挙応援のため」 案里議員から50万円受領

共同通信 / 2020年9月17日 11時45分

河井案里被告

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員河井案里被告(46)の公判が17日、東京地裁で開かれた。証人として出廷した下原康充・広島県議(69)は、案里議員から現金50万円を受領したと認めた上で「票を取りまとめ、選挙の応援をしてほしいということだと思った」と述べた。

 下原県議によると、案里議員は県議選投開票日の昨年4月7日、県議の選挙事務所を訪ね、白い封筒を取り出し「当選祝いだ」と述べた。「当選祝いでもらう金ではない」と返そうとすると、案里議員は「では陣中見舞いで」と応じず領収書も受け取ろうとしなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング