将棋の藤井二冠、王将初戦は黒星 羽生九段に敗れる

共同通信 / 2020年9月22日 20時55分

将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で羽生善治九段に敗れ、肩を落とす藤井聡太二冠=22日、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)

 将棋の最年少二冠、藤井聡太王位・棋聖(18)は22日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第70期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で羽生善治九段(49)に敗れ、黒星でのスタートとなった。2020年度、藤井二冠がタイトル戦に出場する可能性が残るのは王将戦のみで、三冠目を目指す。

 羽生九段は、挑戦を決めた竜王戦とともにタイトル通算100期を狙う。リーグ戦はトップ棋士7人が総当たりで行われ、1位が渡辺明王将(36)への挑戦者となる。

 藤井二冠は「厳しいスタートになった。いい状態で次の対局に臨みたい」と無念の表情を浮かべた。藤井二冠は次に10月5日、豊島二冠と対戦する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング