エンゼルス大谷「悔しさ大きい」 二刀流復帰も、投打で低迷

共同通信 / 2020年9月28日 10時11分

オンライン取材に応じるエンゼルス・大谷=27日(共同)

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は27日、ロサンゼルスでのドジャース戦でメジャー3年目を終え「結果的にポストシーズンは行けなかったので、悔しさの方がやっぱり大きい」と総括した。

 今季は一昨年に受けた右肘の靱帯再建手術から投打の「二刀流」で復帰した。だが、投手では2試合目の登板後に右肘付近の故障が発覚。その後は打者専念で打率1割9分と苦しみ「もちろんいい年ではなかった」と悔しさをにじませる。今オフの課題には「一番はボールと投手との距離感」を挙げた。

 来季以降の「二刀流」の継続には「前にも言った通り」と意欲を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング