地元同意前でも核燃料装填を検討 来春、東電柏崎刈羽原発7号機

共同通信 / 2020年10月3日 21時1分

新潟県の東京電力柏崎刈羽原発7号機(左)。右は6号機

 東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原発7号機(新潟県)で、2021年3~4月に核燃料を原子炉に装填する検討をしていることが3日、東電関係者への取材で分かった。通常、装填は起動直前の作業で、原子力規制委員会発足後に再稼働した全国の5原発9基では再稼働への地元同意を得てから実施したが、新潟県では議論開始のめどは立っていない。東電関係者は「地元への説明は進めるが、同意は原子炉起動までに得ればよいと考えている」としている。

 柏崎刈羽7号機は17年12月に規制委の新規制基準の審査に合格。東電の原発として初の再稼働に向け、工事計画などの審査が大詰めを迎えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング