「爆笑問題」田中が久々に漫才 所属事務所の公演で

共同通信 / 2020年10月12日 15時45分

漫才を披露する「爆笑問題」の田中裕二(左)と太田光=東京都内

 お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二が、東京都内で開かれた所属事務所の公演で元気に漫才を披露した。約2カ月前の公演は、新型コロナウイルス感染のため出演を見合わせていた。

 盛大な拍手で迎えられた田中は「2週間近く入院して、においの感覚が一切無くなったことがあった」と報告。すると相方の太田光が「おれのドルチェ&ガッバーナの香水のせいか」と、シンガー・ソングライター瑛人のヒット曲「香水」に掛けて笑わせた。

 さらに太田は「田中の休養中、全部私が代役をやりました。あと裁判も行きましたしね」と、新潮社に損害賠償を求めた訴訟をネタにすると、田中は「それは俺の代役じゃねえだろ」と勢いよく突っ込んだ。

 東京都足立区の男性区議がLGBTなどの性的少数者に関し「法律で守られているという話になれば足立区は滅んでしまう」と発言した問題について、太田は「偏見というよりもほぼ差別だ。悲しくなる」と激怒。「たかが足立区のくせに」と毒を吐くと、田中が「おまえが最も差別してるんだよ」と声を荒らげた。

 公演の模様は「爆笑問題withタイタンシネマライブ」として、全国22カ所の映画館で生中継された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング