デジタル課税の合意期限、21年半ばに延期

共同通信 / 2020年10月12日 18時11分

 経済協力開発機構(OECD)は12日、巨大IT企業の過度な節税を防ぐ「デジタル課税」の国際交渉で、2021年半ばまでに最終的な合意を目指すと発表した。米欧の対立が解消せず、年内合意の目標を延期した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング