東京円、103円台後半

共同通信 / 2020年12月29日 18時11分

 29日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=103円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比22銭円安ドル高の1ドル=103円68~69銭。ユーロは37銭円安ユーロ高の1ユーロ=126円91~95銭。

 米国の追加経済対策の成立で景気が下支えされるとの期待が広がり、比較的安全な通貨とされる円を売って、ドルを買う動きが優勢となった。日経平均株価がバブル経済期以来の高値を回復したことも円売りを促した。

 市場では「年末年始の休暇で売買は低調だった。年明けの米政権の動きをにらんだ様子見ムードもある」(外為ブローカー)との声が出ていた。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング