日本車6社の米販売17%減 20年、コロナ第1波響く

共同通信 / 2021年1月6日 8時41分

米西部カリフォルニア州で販売されるトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の新車=2020年9月(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】日本の自動車メーカー6社が5日発表した2020年の米新車販売台数は、前年比17.1%減の計533万7351台となった。新型コロナウイルスの第1波が押し寄せた春に、販売店が相次いで営業停止に追い込まれたことが主因。生産や物流が混乱したことも販売減に拍車を掛けた。

 ただ経済活動再開の動きが本格化した下半期は、回復傾向が鮮明となった。感染リスクから公共交通機関の利用を避けたり、郊外に移住したりする人が増え、SUVなど大型車の売れ行きが伸びた。今年の先行きについても新型コロナワクチンの普及を見込んで楽観的な見方が広がっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング