大坂、全豪で2年ぶり8強入り 青山、柴原組も準々決勝へ

共同通信 / 2021年2月14日 12時51分

女子シングルス4回戦で、ガルビネ・ムグルサと対戦する大坂なおみ=メルボルン(ゲッティ=共同)

 テニスの全豪オープン第7日は14日、メルボルンで行われ、女子シングルス4回戦で第3シードの大坂なおみが昨年準優勝で第14シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)に4―6、6―4、7―5で逆転勝ちし、初優勝した2019年大会以来2年ぶりの8強入りを果たした。

 大坂は全豪のシングルスで通算19勝目となり、杉山愛が持つ日本女子の歴代最多記録に並んだ。準々決勝で謝淑薇(台湾)と対戦する。

 女子ダブルス3回戦で第7シードの青山修子・柴原瑛菜組が第12シードのへーリー・カーター(米)ルイザ・ステファニ(ブラジル)組を6―2、6―4で下し、全豪初の準々決勝進出を決めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング