J1浦和に罰金300万円 昨年の大分戦で発声応援

共同通信 / 2021年2月22日 21時39分

昨年の大分戦終了後、サポーターにあいさつする浦和イレブン=2020年10月31日、昭和電ドーム

 Jリーグは22日、J1浦和にけん責と罰金300万円の処分を科した。サポーターによる新型コロナウイルス対応ガイドライン違反行為に対し、適切な措置を講じられなかったため。

 昨年10月31日に昭和電工ドーム大分で行われた大分戦で、40人程度のサポーターが指定席を離れて発声などの応援をした。さらにフェンスに上る行為などで、円滑な試合運営を妨げた。主催側の大分にも、けん責の処分が科された。

 浦和サポーターはホーム戦でもガイドライン違反が散見される。浦和は社長が役員報酬の10%を3カ月自主返納するなど内部処分を発表。問題行動があったサポーターの退場などを検討する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング