1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

稲川会トップに賠償命令 原告逆転勝訴、東京高裁

共同通信 / 2021年3月22日 18時47分

 特殊詐欺事件の被害者が、指定暴力団稲川会の辛炳圭(通称・清田次郎)元会長に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は22日、組トップの使用者責任を認め、計1320万円の支払いを命じた。

 暴力団対策法で使用者責任の対象となる「暴力団の威力を利用した資金獲得行為」と言えるかが争点。2019年11月の一審東京地裁判決は、使用者責任を否定し、原告側が控訴していた。

 秋吉仁美裁判長は、組員が共犯者らに逮捕された場合の口止めを指示し、実際に共犯者が報復を恐れて逮捕後に供述を拒んでいるとして「詐欺グループ内の規律を高めるため、暴力団の威力が利用された」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング