1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

石炭産業融資、邦銀がトップ3 支援3兆円で突出、脱炭素に遅れ

共同通信 / 2021年7月7日 17時44分

 CO2の排出量が多い石炭火力発電など石炭関連産業に対する融資額で、世界の主要金融機関の中で日本の3メガバンクがトップ3を占めるとの調査結果を環境保護団体がまとめた。共同通信の独自調査では、3グループの石炭産業への融資は少なくとも計3兆円規模。石炭火力の全廃に向けた動きが進む中、邦銀による突出した支援が浮き彫りとなった。

 融資額1位は、みずほフィナンシャルグループで、三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループが続いた。団体側は3グループの融資額(融資枠を含む)は計6兆円超と分析。一部銀行からは「重複計上がある」との反論も出ている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング