1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

全ゲノム解析結果を患者に伝達へ がんと難病、国が初の試み

共同通信 / 2021年11月10日 5時43分

厚生労働省

 がんや難病の患者のゲノム(全遺伝情報)を網羅的に調べ、結果を評価して患者に適切に伝える方法を探る国主導の取り組みが、一部の医療機関で10日までに始まった。がんに関わる遺伝子などゲノムの一部を調べて結果を患者に返すことは医療現場で既に実施されているが、全体を解析して得た情報を使う試みは初めて。

 病気との関連が分かっていないゲノム上の特徴は多く、解析結果のうちどこまで患者や家族に伝えるのかは専門家が議論して決める。データが集まって病気の原因となるゲノムの部位が新たに見つかれば、診断や治療に生かせる可能性がある。

 国が進める「全ゲノム解析等実行計画」の一環。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください