1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

藤井聡太、最年少四冠なるか 将棋の竜王戦第4局2日目

共同通信 / 2021年11月13日 10時7分

第34期竜王戦7番勝負第4局の2日目、豊島将之竜王(左)と対局する藤井聡太三冠=13日午前、山口県宇部市(代表撮影)

 将棋の藤井聡太三冠=王位・叡王・棋聖=(19)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦7番勝負第4局の2日目は13日、山口県宇部市で始まった。奪取にあと1勝の藤井三冠が本局に勝てば、4タイトルを同時に保持。最年少の19歳3カ月で四冠となる。

 最も若い四冠は1993年、羽生善治九段(51)が達成した22歳9カ月。今シリーズは藤井三冠が的確な指し手を披露し開幕から3連勝している。新記録を樹立するか。豊島竜王は初勝利を目指す。

 竜王戦7番勝負は2日制で、持ち時間各8時間。13日夜には終局の見込み。先に4勝した方が竜王を得る。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください