1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

中国21年12月の景況感が回復 民間調査、50.9

共同通信 / 2022年1月4日 11時30分

 【北京共同】英調査会社IHSマークイットは4日、中国の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が昨年12月は50.9だったと発表した。前月から1.0ポイント上昇し、好不況を判断する節目の50を2カ月ぶりに上回った。

 中国当局が昨年末に発表したPMIも50.3と伸びており、中国経済に回復基調が戻ってきた。

 マークイットによると、需要が改善し、高騰が問題となっていた原材料価格も落ち着いた。

 一方で、世界的な新型コロナウイルス流行の影響で外需が依然として弱く、輸出向け受注を押し下げている。企業の先行きに対する自信も力強さを欠くという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください