オプトグループ・クラウドワークスがAI開発で業務連携 、日本のAI市場成長を加速

共同通信PRワイヤー / 2017年6月20日 10時0分

写真

サービスコンセプト図

2017年6月20日


株式会社クラウドワークス


オプトグループのデータサイエンスラボ・クラウドワークスがAI開発で業務連携

データサイエンティストコミュニティとクラウドソーシングの集合知で

日本のAI市場成長を加速


 株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田 浩一郎 以下クラウドワークス)は、オプトグループのAI研究・ビッグデータ分析の専門組織「データサイエンス ラボ」(代表:齊藤 秀)と業務連携し、クラウドソーシングを活用したAI開発のワンストップ支援を実現します。


1.概要


 本連携では、まずデータサイエンスラボが企業のAIを設計、次に開発に必要なデータ整備をクラウドワークスが提供する日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」に登録する140万人を超えるクラウドワーカーがテキスト・画像・音声・動画などのビッグデータを収集、構造化。その後、データサイエンス ラボが提供するデータ分析コンテスト・プラットフォーム「DeepAnalytics」にて、構造データをテーマにしたAIモデル開発コンテストを開催、約4,000人のデータサイエンティストが開発を競い合うことで、高精度のAIモデルをスピーディーに開発します。AI導入後は、データサイエンス ラボが管理・運用を支援することで、「AI開発支援  ワンストップサービス 」の提供が可能となります。


2.2つの集合知プラットフォームが日本のAI開発における課題を解決


 米国を中心としたグローバルトレンドにおいては、マイクロタスク型クラウドソーシング「Amazon Mechanical Turk」や、世界最大のデータサイエンティストコミュニティ「kaggle」などの外部リソースを最大限に活用したAI開発が主流となる一方、我が国ではAI開発を自社で行っているケースも多く、データ収集・構造化と分析の2つのプロセスにおける人的資源の不足がAI開発のボトルネックとなっている現状があります。今回の提携では、大規模データの整備と分析をスピーディーかつ高品質に提供することにより、この課題を解決し、日本のAI開発市場を加速させてまいります。


3.「AI開発支援 ワンストップサービス 」概要


内  容:AI活用ニーズを持つ企業に対して、AI設計、データ整備、開発、運用の

     全工程をワンストップで支援

導入目標:2020年までに100社のAI開発導入を目指す

kyodopr

トピックスRSS

ランキング