電通と電通デジタル、プロトタイピングサービス「Wonderful Prototyping」の提供を開始

共同通信PRワイヤー / 2017年10月13日 11時15分

写真

2017年10月13日


株式会社 電 通


電通と電通デジタル、顧客企業の新規事業や新サービスの創出を支援する

プロトタイピングサービス「Wonderful Prototyping」の提供を開始

― クリエーティブ×AIでデジタル試作品を開発 ―


 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、CEO:榑谷 典洋)は、デジタル分野における試作品の開発を通じて顧客企業の新規事業・サービス創出を支援するサービス「Wonderful Prototyping(ワンダフル・ プロトタイピング)」※の提供を開始します。広告で培ったクリエーティブ発想とAIなどの先端テクノロジーを掛け合わせ、顧客企業オリジナルのデジタルサービスを生み出します。


 AI、IoT(モノのインターネット)などテクノロジーの急速な進展とライフスタイルの多様化で、ますます将来予測が難しく、十分に時間をかけて新規事業・サービスを開発することが時代や社会に適合しなくなってきています。そこでソリューションとして有効なのは、プロトタイピングと呼ばれる手法です。新規事業・サービスにつながる試作品の開発をスピーディーにかつ低コストで行い、市場でテストすることにより開発の失敗リスクを低減するものです。


 電通と電通デジタルでは、戦略的ITコンサルティング事業を運営するウルシステムズ株式会社の協力なども得て、「デザイン×テクノロジー×データ」発想の統合チームを編成し、オーダーメード型のプロトタイピング開発を一括して請け負える体制を構築しました。その特長は、広告領域で培った人の行動やその背景にある感情を読み解くスキルをベースに、クリエーティブ発想とAIなどの先端テクノロジーを掛け合わせてサービスを提供できることにあり、①人の行動や感情を捉える独自データ、②顧客企業が提供するサービスに合わせてカスタマイズ化が可能な独自テクノロジー、③大胆なクリエーティビティーを備えています。

※「Wonderful Prototyping」は商標登録出願中です。


<Wonderful Prototyping のサービスイメージ>

※添付のPDFをご参照ください。

プランナー、クリエーター、テクノロジスト、データサイエンティスト、プロデューサーなどで編成される統合チームが、アイデア開発からテクノロジーベンチャーへのアプローチ・連携、プロトタイプ開発、事業性検証、市場ローンチまでをワンストップで行います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
kyodopr

トピックスRSS

ランキング