エー・ディー・ワークス、”不動産テックサポートオフィス”の運営を開始

共同通信PRワイヤー / 2017年11月15日 14時30分

写真

建築家 隈研吾氏デザイン「AD-O渋谷道玄坂」外観

2017年11月15日


株式会社エー・ディー・ワークス


エー・ディー・ワークス、”不動産テックサポートオフィス”の運営を開始

■隈研吾氏デザインの自社開発オフィスビル「AD-O渋谷道玄坂」で。

■不動産テック事業者を対象に、11月22日より利用希望を公募開始。


収益不動産を活用した資産運用サービスをワンストップで提供する株式会社エー・ディー・ワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:田中秀夫、以下「ADワークス」)では、本年9月下旬に竣工した、隈研吾氏デザインの自社開発オフィスビル「AD-O(エー・ディー・オー)渋谷道玄坂(以下「AD-O」)」の2階フロアを、“不動産テックサポートオフィス”として運用いたします。

AD-Oは、竣工前よりITベンチャー企業や士業関係者のお客様より強い引き合いをいただき、おかげさまで順調にテナントリーシングが進んでおります。そうした状況において、2Fフロアのみを敢えて通常賃貸対象とせず、スタートアップ間もない不動産テック事業者を公募し審査を経て、通常賃料の1/7程度相当の利用フィー(4,000円/坪)でご利用いただくほか、IT環境、設備、備品、ファシリティ等ご相談に応じ、成長を支援していきます。

2017年11月22日(水)より専用WEBサイトにて公募を開始、一次審査・二次審査を経て、2018年3月中旬に利用事業者を決定する予定です。


1.本企画の目的


弊社が本企画を推進する目的は、次の3点です。

①有望な不動産テックビジネスの成長を加速させたい

 金融業界における「Fin Tech」の潮流に続き、不動産業界においても「Real Estate Tech」「不動産テック」と呼ばれる、既存サービスとテクノロジーとを融合した新しいビジネスが続々と生まれています。その中から先進性・独自性・将来性などの観点で有望な事業者を発掘し、成長の加速を支援します。


②弊社グループ事業とのコラボレーションの可能性を探りたい

 弊社グループは、収益不動産の売買、リノベーション工事、管理、資産コンサルティングなど、多様な機能を融合したサービスを提供しています。加えて昨年秋に、株式会社スマートマネー・インベストメント(以下「SMI」)を100%子会社として設立、小口化投資商品市場の創造を目指す不動産テック事業に進出しました。こうした弊社グループ事業と新しい不動産テックビジネスとのコラボレーションの可能性を探求します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
kyodopr

トピックスRSS

ランキング