視覚に障がいのある方も、晴眼者の方も一緒に楽しめる「#見えなくても自撮りして3Dにしてみた展」を開催

共同通信PRワイヤー / 2018年2月15日 11時0分

写真

2018年2月15日


株式会社NTTドコモ


視覚に障がいのある方も、晴眼者の方も一緒に楽しめる写真展

「#見えなくても自撮りして3Dにしてみた展」を3月に開催


視覚に障がいのある方の自撮りを3Dに特殊加工する

『ドコモ3Dセルフィープロジェクト』を実施


告知ムービー「#見えなくても自撮りしてみた」も2月15日(木)公開

https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/forones/event/002.html


 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、視覚に障がいのある方がスマートフォンのカメラを使って撮影した自撮りを、晴眼者と共に楽しめる3Dに特殊加工する『ドコモ3Dセルフィープロジェクト(以下、本プロジェクト)』を実施しています。

 本プロジェクトで制作された作品を展示する3Dセルフィー展覧会「#見えなくても自撮りして3Dにしてみた展(以下、本展覧会)」を2018年3月3日(土)・4日(日)にギャラリーTOM(東京都渋谷区)で開催するほか、同展覧会の告知ムービー「#見えなくても自撮りしてみた」を、2018年2月15日(木)からFor ONEs®サイト内3Dセルフィープロジェクトページ(URL:https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/forones/event/002.html)で公開いたします。


 ドコモでは「For ONEs」※1というスローガンの下、一人ひとりが自分らしさを発揮できる社会の実現をめざしてさまざまな取組みを行っております。またユニバーサルデザインの考え方に基づき「ドコモ・ハーティスタイル」※2活動を展開。障がいのある方に携帯電話やスマートフォンをあんしん・安全にお使いいただけるよう、さまざまな商品やサービスを提供しています。


 視覚に障がいのある方が自撮りを通じて、スマートフォンで家族や友人と写真を撮ることの楽しさや手軽さを知り、日々の記録や人とのコミュニケーションに役立ててほしい。そして、もっと自分のいい笑顔を知ってほしい。それが「For ONEs」の活動の一環である『ドコモ3Dセルフィープロジェクト』の目的です。


【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802050654-O1-Nay60lio




 本プロジェクトの総合監修には、写真家で日本視覚障碍者芸術文化協会の副会長を務める尾﨑大輔さんをお迎えし、1月14日(日)・20日(土)の2回でワークショップを開催。一般から公募した視覚に障がいのある19人の方々にご家族・ご友人・盲導犬とご参加いただき、大変好評でした。

kyodopr

トピックスRSS

ランキング