ドコモが人工知能を活用したタクシー乗車需要予測サービス「AIタクシー」の提供を開始

共同通信PRワイヤー / 2018年2月14日 15時30分

写真

AIタクシーを活用した運用イメージ

2018年2月14日


株式会社NTTドコモ


人工知能を活用したタクシー乗車需要予測サービス「AIタクシー」提供開始

~AI×IoTでリアルタイムに乗車需要を予測し、お客さまの利便性とタクシー業務の生産性を向上~


 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、人工知能を活用したドコモのリアルタイム移動需要予測技術※1で未来のタクシー乗車需要を予測するサービス「AIタクシー(R)」を、2018年2月15日(木)より法人企業向けに日本全国で提供を開始します。東京23区、武蔵野市、三鷹市では東京無線タクシーが1,350台、名古屋市ではつばめタクシーグループが1,150台のタクシー車両で、「AIタクシー」を活用した運行が順次開始されます。


 「AIタクシー」は、現在から30分後までの未来のタクシー乗車需要の予測結果などのデータをオンラインで配信するサービスです。タクシー運行データ※2や気象データ、周辺施設(POI※3)データなどの多様なデータに加え、ドコモの「モバイル空間統計(R)」のリアルタイム版(以下、人口統計データ※4)を活用し、日本各地の性別や年齢層など、属性ごとの人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握しながら、各データを人工知能で分析することにより、乗車需要を10分ごとに予測します。広域で人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握できる人口統計データと、人工知能を活用したタクシー乗車需要予測のサービスは、世界初※5となります。


 ドコモでは、2016年度から東京23区、武蔵野市、三鷹市や名古屋市における実証実験を通して、リアルタイム移動需要予測技術の確立に取り組み、一定の効果を確認することができました。そして、大阪市、福岡市などの他のエリアにおいても試行運行を進めてまいりました。


 「AIタクシー」の提供価格は、営業区域※6数とタクシー車両台数により異なりますが、初期導入費用は30万円から、月額利用料は車両1台あたり900円前後※7で提供します。また、導入を検討しているお客さまにもお試しいただけるように、初期導入費用0円の利用期間限定のお試しプランも提供します。


 近年、海外からのお客さまも含め、観光需要の高まりで移動需要が伸びていく一方、人口減少や超高齢化社会に直面する日本において、ドライバー不足や交通空白地といった交通課題は切実な問題です。また、企業における働き方改革や生産性革命の実現が求められています。

kyodopr

トピックスRSS

ランキング