東京経済大学ニュ―ス Vol.10

共同通信PRワイヤー / 2018年2月14日 11時50分

写真

学生相談室課長 鈴木佳子(左) 専任職員 臨床心理士 福原俊太郎(右)

2018年2月14日


東京経済大学


東京経済大学ニュ―ス Vol.10

特集1 学生相談室開室50周年 

学生に寄り添って50年 いま大学に「学生相談室」が必要な理由

特集2 ゼミする東経大 学生による研究活動の成果報告


東京経済大学ニュ―ス Vol.10の内容を一部抜粋してお送りします。

すべての内容につきましては、添付のリリース全文ファイルをご覧ください。

※東京経済大学Webサイト:http://www.tku.ac.jp/


特集1 

学生相談室開室50周年 

学生に寄り添って50年 いま大学に「学生相談室」が必要な理由


 2020年に創立120周年を迎える本学は、教学ビジョン「東経大チャレンジ2020」を掲げ、「エデュケーション」「キャリア」「サポート」「キャンパス」と4つのクオリティをそれぞれ向上させると共に、学生の能力向上に努めています。

「サポート・クオリティ」の中でも重要な役割を担う学生相談室は、2017年度で開室50周年を迎えました。このところ度々報道で取り上げられているように、相談室は学生たちが安心して学生生活を送るために、非常に重要な意味を持っています。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802140935-O1-9g38R9ox

学生相談室課長 鈴木 佳子(左) 専任職員 臨床心理士 福原俊太郎(右)


●組織化され充実した支援体制が、安心できる学生生活を支える

 学生相談室は、専任教員の相談担当者(兼任)6名と専任職員で臨床心理士の2名を配置、それに加えて嘱託の精神科医1名、カウンセラー2名、受付事務1名の計12名で運営。学生相談専用の6つの面接室や学生同士が情報交換できるサロン(談話室)も設置されています。

 この相談室は学生生活を支援する学生支援部に属しながらも、プライバシーを守るため、独立したセクションとして機能しており、相談の現場を取り仕切る責任者を臨床心理士としていることも大きな特長です。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802140935-O2-UKa0tYK7

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802140935-O4-Q5na4TR9

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802140935-O3-8G0zqD1z

kyodopr

トピックスRSS

ランキング