自転車を“背負って”運搬、を輪行の新しい普通にしたい。リュック型輪行バッグ「ショエル」発売。

共同通信PRワイヤー / 2018年6月14日 12時30分

写真

16インチ以下の折りたたみ自転車を背負って運べるリュック型輪行袋「SHOEL」を発売。

2018/06/14


ビーズ株式会社


自転車を“背負って”運搬、を輪行の新しい普通にしたい。

折りたたみ自転車をハンズフリーで運べる

リュック型輪行袋「SHOEL(ショエル)」発売。


 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年6月14日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、折りたたみ自転車を背負って運べるリュック型輪行袋「極小径車輪行リュック DCB463-BK SHOEL(以下、ショエル)」を発売します。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134981-O1-5P6E2Szp


<製品特長>

 「背負える(せおえる・しょえる)」が名前の由来となる「ショエル」は、背負子(しょいこ)の構造をベースに、袋に入れた自転車をリュックのように担いで輪行できる製品です。 肩に掛けるショルダー型が輪行袋の主流といえますが、両肩で背負うリュック型にすることで、様々なメリットが生まれます。


1.幅を取らない

 従来のショルダー型輪行袋であれば、改札を通る時、構内や車内が混雑している時など、大きく幅を取ってしまいます。 「ショエル」ならその幅を最小限に抑えることができ、周囲にも迷惑をかけにくく、スマートな輪行が可能となります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134981-O8-vx5rQVbD 】 → 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134981-O19-3ewNcEuI


2.負担を両肩に分散

 自転車は小さい折りたたみのものでも、約10kg前後の重さがあり、それを片方の肩に掛けて移動するにはなかなかの負荷がかかります。 「ショエル」はリュックと同じで両肩に負担が分散されるため、移動も楽におこなえます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134981-O6-SITYyb1C 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134981-O18-zLy9klM4


3.両手が空くから荷物が持てる

 従来の輪行バッグでは、運搬の際に手で支えなければ揺れるため、自転車以外の手荷物を最小限に留める必要がありました。 しかし自転車を背負える「ショエル」を使えば両手が空くため、別途手荷物を持ち運べます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
kyodopr

トピックスRSS

ランキング