PSP InvestmentsとTishman Speyerがパリの大規模物件をSociete Generale Insuranceに売却

共同通信PRワイヤー / 2018年11月8日 11時40分

PSP InvestmentsとTishman Speyerがパリの大規模物件をSociete Generale Insuranceに売却


AsiaNet 76161(2062)


【ロンドン、パリ、モントリオール2018年11月7日PR Newswire=共同通信JBN】世界中の一流不動産の世界有数のオーナー、デベロッパー、オペレーター、ファンドマネージャーの1つであるTishman Speyerと、カナダ最大の年金投資運用会社の1つであるPublic Sector Pension Investment Board(以下「PSP Investments」)は7日、Tour PacificをSociete Generale Insuranceに売却したと発表した。売却額は非公表。


PSP InvestmentsとTishman Speyerは2013年、パリのビジネス街ラデファンスにある5万3000平方メートルのオフィスビルを取得。大規模な改築・改修プログラムで築20年のオフィスタワーを近代的で効率的なビルに生まれ変わらせた後、約5万平方メートルのスペースをCA Technologies、マカフィー、Whirlpool、Manhattan Associates、RSA、NTT、アクセンチュアなど30以上のテナントにリースし、成功を収めてきた。


Tour Pacificのテナントには、ラウンジ、会議センター、フィットネススペースなどの新しいアメニティーに加え、象徴的でモダンなデザイン、自然光と屋上庭園へのダイレクトなアクセスというメリットがある。同ビルは主要な交通機関との接続も良好で、バス、地下鉄、列車、路面電車で簡単にアクセスできる。同ビルは、HQE Exploitation ExcellentとWired Certified Platinumに認定されている。


Tishman Speyer France SASのシニアマネージングディレクター兼プレジデントのフィリップ・ジョラン氏は「Tishman Speyerは、Tour Pacificの変貌に対する貢献を非常に誇りに思っている。当社の目標は、新たなサービスとアメニティーを備えた非常に魅力的なオフィスビルを作って、800-3000平方メートルの区画に顧客を誘致し、エンドユーザーに素晴らしい職場環境を提供することだった。資産を直接管理することは、テナントとのユニークな関係の醸成を通じた付加価値が生まれるとも考えている。Tour Pacificは、Societe Generale Insuranceに売却されたことからも明らかなように、確たる知名度を持つ長期的かつ質の高い資産となっている」と語った。

kyodopr

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング