『プロが教える家庭菜園のコツ』シリーズ《VOL 5》 ~キュウリ栽培のポイント~

共同通信PRワイヤー / 2019年5月23日 14時0分

写真

2019年5月23日


タキイ種苗株式会社


『プロが教える家庭菜園のコツ』シリーズ《VOL 5》

まだ間に合う!6月から始めるプランタ-菜園

~キュウリ栽培のポイント~

暑い夏を目前に“おてがる菜園”はじめませんか


 タキイ種苗(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、プランターで野菜を育てる“おてがる菜園”のポイントを紹介し、自分で野菜を育ててみたい皆さんを応援します!


 新緑の季節を迎え、草木の生長が勢いを増す6月。今年も猛暑が予想される夏を目前に、ベランダなどでも手軽に栽培出来るキュウリのプランタ-菜園を始めてみるのはいかがでしょうか? キュウリはみずみずしくパリッとした歯ごたえと独特の風味が魅力です。また、果菜類の中でも苗を植えてから栽培期間が60日ほどと短く、初心者の方でも作りやすいので、家庭菜園でも人気です。今回は6月からでも間に合うキュウリのプランタ-栽培のポイントをお伝えいたします。



【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226659-O18-A0DPuowr



【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226659-O2-ph7TW63R 】 

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226659-O3-J7us84ED


ポイント①良い苗を選ぶ

●病害虫に侵されていないか確認し、ヒョロヒョロとしていたり、葉が黄色っぽいものは避け、

 茎が太くがっちりしていて、葉が密につき、葉や茎の色つやの良い苗を選びましょう。


●「接木苗」は病害などに強く、育てやすいのでおすすめです。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226659-O4-GVzjVKLx


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226659-O19-p6DM0xA1


ポイント②土にこだわる

●野菜用に調整された培養土(野菜の土)が最適!野菜栽培専用の培養土には、ピートモス、

 バーミキュライトなどの軽くて効果の高い原料のほか、野菜栽培に必要な“肥料”などが

 配合されています。培養土は使用している原料によって値段が変わります。

 野菜の栽培に適するように設計された野菜栽培専用の培養土を選びましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング