Upstream SecurityがシリーズB投資ラウンドにおいて3000万ドルを調達

共同通信PRワイヤー / 2019年10月21日 19時12分

Upstream SecurityがシリーズB投資ラウンドにおいて3000万ドルを調達


AsiaNet 81113


Upstream Securityがルノー、ボルボ・グループ、現代自動車、Nationwideから

シリーズB投資ラウンドにおいて3000万ドルを調達


“ グローバルシンジケート ―  ルノーベンチャーキャピタル、ボルボ・グループ、現代自動車、Nationwide Insurance  ―  が、サイバー脅威の増大からコネクテッドカーを保護するために投資を行うことによって、クラウドベースの自動車サイバーセキュリティが、自動車のサイバー攻撃に対処するための正しい手法であることの証明 ”



ヘルツェリア (イスラエル)  – 2019年10月21日/PR Newswire-AsiaNet/:

コネクテッドカーのサイバーセキュリティのリーダーであるUpstream Securityは、投資ラウンド シリーズBにおいて、世界最大級のOEM自動車メーカー、保険、フリートオペレーターを含む著名な投資家グループから3000万ドルの投資を受け、同社のこれまでの総投資額は4100万ドルに達したと発表しました。このラウンドはルノーベンチャーキャピタルが中心となり、ボルボ・グループ ベンチャーキャピタル、現代自動車、Hyundai AutoEver、Nationwide Venturesなどが参加しました。またUpstreamの初期投資家であるCharles River Ventures、Glilot Capital、Maniv Mobilityもこのラウンドに全員参加しました。


Upstream Securityの共同創設者 でCEOのYoav Levy氏は、「世界でも主要なスマートモビリティ企業を含む投資家グループが最初に投資したということは、業界が取り組んでいる問題の深刻さを証明するものであり、Upstreamのテクノロジーとわれわれのチームが成し遂げた進歩を強く支持するものです。私たちのミッションは、地球上のすべてのコネクテッドカーとスマートモビリティサービスを保護することです。資金調達の完了は、私たちのデータ志向型クラウドベースプラットフォームに対して増大する需要を満たすのに最適なタイミングであり、この極めて重要なタスクを達成するために必要な能力をお客様に提供します。」 と述べています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング