JAソーラーがヨルダンの太陽光発電所向けに134MWの高効率PERC二重ガラスモジュールを供給

共同通信PRワイヤー / 2019年11月22日 15時15分

JAソーラーがヨルダンの太陽光発電所向けに134MWの高効率PERC二重ガラスモジュールを供給


AsiaNet 81808(2352)



【北京2019年11月21日PR Newswire=共同通信JBN】高性能太陽光発電(PV)製品の世界的大手メーカーであるJAソーラー(JA Solar)は、ヨルダンの67MW dc Mafraq I太陽光発電所と67MW dc Empire太陽光発電所に、すべての高効率PERC二重ガラスモジュールを供給したと発表した。Mafraq IとEmpireの両太陽光発電所は、二重ガラスモジュールを使用する中東地域での最初のプロジェクトセットの1つだ。これらのプロジェクトの完了は、砂漠環境でのPERC二重ガラスモジュールの利用についてのすばらしい参考となる。


134MW規模を結合したMafraq IとEmpireの太陽光発電所は、Fotowatio Renewable Ventures(FRV)が開発した。FRVは、さまざまな地域に広がる新しいエネルギープロジェクトを持つ包括的な再生可能エネルギーソリューションの世界的な大手プロバイダーだ。JAソーラーは2016年以来、FRVと良好な関係を確立および維持しており、両社はGW規模の太陽光発電所の建設に協力している。


FRVとJAソーラーが協力したMafraq IとEmpireの太陽光発電所は、ヨルダンのグリッドに接続されている。発電所は、砂嵐、高温、乾燥気候、昼夜の大きな温度差という極端な環境条件で知られるヨルダンの砂漠地域にある。このような極端な条件の結果として、この地域に展開されているPVモジュールのパフォーマンス要件は概して高い。JAソーラー二重ガラスモジュールは、優れた温度係数と機械的負荷抵抗を備えている。さらに、これらの高効率モジュールは、摩耗、風砂、火、耐候性など、他のいくつかの属性でも優れた性能を発揮している。これにより、モジュールは急激な温度変化によるパフォーマンスの低下と電力の減衰を最小限に抑えることができる。JAソーラーは、PERC二重ガラスモジュールの線形電力出力に対して30年間の保証を提供し、太陽光発電所の安定性と高発電を保証している。現在稼働中の2つの太陽光発電所は、年間合計2億6000万kWhの電力を生成し、年間21万トンの二酸化炭素排出量を削減する予定だ。


JAソーラーのジン・バオファン取締役会長は「JAソーラーは中東市場におけるソーラー市場のリーダーの1つだ。特に、ヨルダンのソーラー市場では30%以上を占め、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、サウジアラビア、およびその他の中東の国々に対する同社の出荷量も、この数年で伸びている。今後、JAソーラーは引き続き、より多くの顧客と協力し、高効率の太陽光発電製品を地域の顧客に提供していく」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング