大型マルチテナント型物流施設「DPL須賀川」を着工します

共同通信PRワイヤー / 2019年12月3日 10時30分

写真

2019年12月4日


大和ハウス工業株式会社

代表取締役社長 芳井敬一

大阪市北区梅田3-3-5


JT須賀川工場跡地に建設

大型マルチテナント型物流施設「DPL須賀川」を着工します


 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2020年2月1日より、福島県須賀川市のJT東日本原料本部工場跡地(総敷地面積:87,686.26㎡)の一部において、最大4テナント入居可能な大型マルチテナント型物流施設(※1)「DPL須賀川」(敷地面積:47,633.23㎡、延床面積:32,167.80㎡)を着工します。

 なお、当施設は当社では、福島県内において「中通り」地区最大のマルチテナント型物流施設「DPL郡山」(敷地面積:56,313.34㎡、延床面積:37,967.96㎡)に次ぐ、2棟目のマルチテナント型物流施設です。


 今回、当社グループが保有する経営資源(建築物の調査、設計、施工、建物の管理・運営に関するノウハウ)を組み合わせ、大型マルチテナント型物流施設「DPL須賀川」を開発することになりました。

 今後も当社は、お客さまに対してBTS型(※2)・マルチテナント型の物流施設を積極的に提案していきます。

※1.複数のお客さまが入居できる物流施設のこと。

※2.Build to Suitのことで、特定のお客さま専用の物流施設のこと。



●ポイント

1.大型マルチテナント型物流施設

2.最大4テナント入居可能で、テナント企業様の様々なニーズに対応可能

3.交通アクセスに優れた好立地



1.大型マルチテナント型物流施設

 「DPL須賀川」は、鉄骨造平屋建て、延床面積32,167.80㎡の広さを誇る大型マルチテナント型物流施設です。

 本物件は、インターネット通販事業者や小売業者、東北全域への配送を手掛ける事業者等、複数のテナント企業様の入居を想定したマルチテナント型物流施設として、昨今の物流業界における市場環境の変化に伴った幅広い物流ニーズに応えることができます。 

 また、本物件の隣接地には、2区画(約20,000㎡/区画)の工業団地を設けました。企業の物流施設や製造施設、研究所など事業展開に沿った大型施設をはじめ、エリア拠点の新設などが可能な団地です。


2.最大4テナント入居可能で、テナント企業様の様々なニーズに対応可能

 「DPL須賀川」は、最大4テナントの入居が可能で、約8,000㎡の区画からご入居いただける物流施設です。また、各区画に事務所を設置することもできるなど、テナント企業様の様々なニーズに対応することができます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング