トーク「藝術中心討議!アジアアートシーンとそのオルタナティブ」開催のご案内

共同通信PRワイヤー / 2019年12月3日 19時0分

写真

2019年12月3日


一般社団法人東京ビエンナーレ


東京×上海 ラウンドテーブル「藝術中心討議!アジアアートシーンとそのオルタナティブ」開催のご案内


報道関係者各位


2019年12月3日 一般社団法人 東京ビエンナーレ


東京ビエンナーレ プレイベント特別企画 緊急開催のご案内

東京×上海 ラウンドテーブル

「藝術中心討議!アジアアートシーンとそのオルタナティブ」


「東京ビエンナーレ2020」では、プレイベントの特別企画として、東京×上海ラウンドテーブル「藝術中心討議!アジアアートシーンとそのオルタナティブ」を開催します。

中国随一の経済都市である上海は、西岸(ウェストバンド)地区を中心に、元燃油タンクをリノベーションした巨大な美術館「TANK Shanghai」、パリの「ポンピドゥー・センター」のポップアップ美術館、イギリスの老舗ギャラリー「リッソン・ギャラリー」など20を超える美術館やメガギャラリーが次々とオープンしています。大規模なアートフェア「ウェストバンド・アート&デザイン」「Art 021」「Photofairs Shanghai」も開催され、北京をしのぐ勢いで現代美術シーンが拡大しています。

上海アートシーンは、いったいなぜここまで急速に発展しているのでしょうか?隣国である日本には、どのような影響があるのでしょうか?

本トークイベントでは、社会構成、文化政策、美術大学、美術館など、現在の上海と東京のアートシーンを比較し、アジアのアートシーンの最新動向を読み解きます。

そして、芸術は社会に対し、社会は芸術に対し、どのような関係をつくり出せるのか?

オルタナティブな国際芸術祭「東京ビエンナーレ2020」が目指すビジョンと共に徹底討議します。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912034289-O1-i4ZMA99N


上海から世界的文化戦略を展開するプロデューサーのJasmine Pang、ビジュアルアーティストの叶子乐(Kim Ye)を迎え、日本からは、社会学者の毛利嘉孝、アーティストの椿昇、東京ビエンナーレ総合ディレクターの中村政人が参加します。

進行は、東京藝術大学大学院GAアートプロデュース学科在籍の上海からの留学生である金秋雨が行います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング