「ETERNAL 〜千秒の清寂」を 2月1日(土)より羽田空港で展示開始

共同通信PRワイヤー / 2020年1月24日 19時12分

写真

藤元翔平

令和2年1月24日


メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム 事務局


日本の重要文化からのインスピレーションと

“時の概念”をテーマにしたデジタルアート展

「ETERNAL 〜千秒の清寂」を 2月1日(土)より羽田空港で展示開始


文化庁による訪日観光客向けの新事業「空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」を開催しています。


【羽田空港 開催概要】

日 時: 令和2年2月1日(土)~2月7日(金) 11:00~20:00 

※最終入場は19:30まで

場 所: 羽田空港(東京都大田区) 国際線ターミナル4F TIAT SKY HALL

内 容: 「千秒の清寂という時空」を永遠に続く物語として封じ込めた世界をデジタルアートで体験できる1週間限定開催のコンセプトエキシビジョンを展開

公式ウェブサイト: https://jmadm.jp/


羽田空港では,『Japan Media Arts Distributed Museum ETERNAL ~千秒の清寂*』と題し,日本の重要文化からのインスピレーションと,作品づくりにおいて,「手法」の継承や現代性だけではなく,文化形成の最重要要素である「時の概念」をつなぎこみ,希望へのまなざしがこころに生まれる「千秒の清寂という時空」を永遠に続く物語として封じ込めた世界をデジタルアートで体験できる1週間限定開催のコンセプトエキシビジョンを,国際線ターミナル4F TIAT SKY HALLにて実施します。

絶え間なく人や文化が往来する空港で流れる「時の概念」は,自分自身のインナービジョンを感じるインスピレーションそのものといえます。本展示では,4つのデジタルアート作品を通して,「千秒の清寂という時空」の世界へいざないます。

*参考:和敬清寂…和〜お互い仲良くする / 敬〜お互い敬う / 清〜心を清らかにする /寂〜何時も動じない


文化庁では新事業「空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」のプロジェクトの一環として『メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム』を国内の国際空港10箇所程度で順次展開中です。


本プロジェクトでは,日本各地域の土壌が育んだ豊かな文化資源をアーティスト・クリエイターたちがその魅力を新たな視点で表現し,各地域の玄関口である空港等で展示致します。展示されたメディア芸術作品をきっかけに,訪日観光客を日本文化の新しい魅力に出会う旅へと促します。


【羽田空港における実施概要】 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング