“HACCPナビ” を提供開始

共同通信PRワイヤー / 2020年1月28日 10時0分

写真

フローダイアグラム作成画面

2020年1月28日


株式会社三菱総合研究所

株式会社アイネス


食品事業者のHACCP対応を効率化する“HACCPナビ” を提供開始


株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎 孝、以下 MRI)と株式会社アイネス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森 悦郎、以下 アイネス)は、HACCP(ハサップ)(注1)制度化に対応する食品関連事業者向け支援サービスであるHACCPナビ(注2)を、1月31日から提供開始します。


1. 背景

HACCPナビは、HACCPに沿った衛生管理などに求められる文書・帳票の作成やその運用実績の記録を支援するサービスです。食品安全マネジメント規格であるJFS-A・B・C規格(注3)にも対応しています。

2018年6月に改正食品衛生法が公布され、原則としてすべての食品等事業者に、HACCP に沿った衛生管理が必要となりました。一方で、HACCPの導入・運用には、微生物管理などに関する科学的な知見や、これらに基づく文書作成、運用が必要であり、食品等事業者には大きな負担となる場合があります。これを解決するサービスとして、MRIとアイネスは共同でHACCPナビを開発しました。

[ご参考]三菱総合研究所とアイネス、“HACCPナビ” を2020年に提供開始(ニュースリリース 2019.07.29)



2.HACCPナビの概要

1)提供する機能

第一弾として、「文書作成支援」と「ハザード・データベース」の機能を提供します。今後、段階的に機能を拡張していきます。

①文書作成支援

HACCPや食品安全マネジメント規格が要求する文書や図表を、関連する法令や科学的根拠を参照しながら効率的かつ効果的に作成することができます。

また、厚生労働省や業界団体が発行しているHACCP作成のための手引書をあらかじめ様式として取り込んでおり、これらの様式に沿って作成することが可能です。

②ハザード・データベース

HACCP導入・運用に必要な科学的知見をまとめたデータベースを提供します。

2)期待される効果

・ HACCPの作図(フローダイアグラム)に特化したツールを用意しているため、簡単な操作でわかりやすい図を作成することができ、編集作業を効率化できます。

・ 関係する法令や科学的な知見・根拠を参照しながら作業できるため、食品安全レベルを確保した文書が作成できます。文書を探したり引用したりする手間が簡略化されます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング