高橋稜(レオ)・小泉維吹組 49er級(男子)世界選手権で33位  東京オリンピック2020 日本代表に内定

共同通信PRワイヤー / 2020年2月15日 17時45分

写真

2020年2月15日

公益財団法人日本セーリング連盟 オリンピック強化委員会


東京オリンピック2020 49er級(男子)の日本代表に、高橋稜(レオ)(TheUniversity of Auckland)・小泉維吹(早稲田大学)が2月15日、内定しました。




■内定の経過

高橋・小泉組は2月15日に終了した49er級世界選手権(オーストラリア・ジーロング)で33位となりました。この結果、日本セーリング連盟が定めた規定をクリアし、日本代表選手として選考されました。


この後、同連盟理事会の承認を経て、日本オリンピック委員会(JOC)に推薦され、JOCの承認により正式決定となります。


 

■選手プロフィール

プレスサイト上の添付ファイルをご覧ください。


 

■選手のコメント

高橋稜(レオ)

「今日のレースではダメですね。東京五輪本番では、メダルレースに残れるくらいにもっとレベルアップしたいです。代表になれてうれしいけど、まだまだです」


 

小泉維吹

「選考が終わって、代表が決まりうれしいです。でも、こんな成績じゃだめだって。もっと練習して、メダルレースに残れるようになります」


 


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002156835-O2-iNf9A3Sn

レースを終了した直後の高橋(左)・小泉組 写真:日本セーリング連盟


関連URL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202002156835

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング