緊急新型コロナ対策第三弾!「てぶくろ屋さんがつくったシルクプレーティング立体マスク」販売開始。

共同通信PRワイヤー / 2020年3月26日 22時27分

写真

商品紹介

ニット手袋製造技術を使って無縫製でぴったりフィットするシルクプレーティングマスクを販売開始しました。


2020/3/26

https://www.fukushin.co.jp/


新型コロナウイルス緊急支援第三弾「洗って使える!てぶくろ屋さんがつくったシルクプレーティング立体マスク」の販売を本日(3/26)より開始しました。


株式会社フクシン(香川県東かがわ市白鳥78-1 0879-25-2285 代表取締役 福﨑二郎)は、新型コロナウイルス緊急支援第三弾として2020.3.26より「洗って使える!てぶくろ屋さんがつくったシルクプレーティング立体マスク」の販売を直営ネットショップにて販売を開始しました。


第一弾の洗って使える「てぶくろ屋さんがつくったオーガニックコットン100%マスク」を現在も毎日毎日生産出来たものを販売しておりますが、15分も経たないうちに完売してしまいます。一枚でも多く一日でも早くを合言葉にスタッフ一同生産に励んでおりますが、生産キャパには限界があります。


そこで、ニット製造ラインは第一弾の縫製ラインとは違うので、少しは違う商品だとしてもお役に立てるのでは?ということで商品企画・開発を緊急ですすめ、本日販売に至りました。


19:00頃の販売開始後、これも一瞬で完売してしまいました。本当に本当に困られるんだな?と実感します。


またご利用いただいている方々から寄せられる感想には「どうせマスクするなら何度も洗えてエコな方がいい。」「どうぜマスクするなら紙マスクより人と違う格好いいおしゃれなものがいい。」「日本製で日本の素材で作っていただいていて安心・安全」という声もいただいています。


商品の特性としましては、ニット手袋立体編立技術を使い、無縫製なので縫い目が無く、立体的に編み上げているので、フィット感もあります。表側にシルク100%の糸が来るように編み立てるプレーティングと言う技術を応用し、肌に触れる部分はシルク100%糸が多く出る様に編み上げております。


もともと冬の手袋を生産することが主力事業なので、糸が太くモコモコした商品を作ることが得意で、設備も糸が太い機械が多いです。今回2台ある細い糸で編み上げる機械をフル稼働して、一枚でも多く一日でも早く必要な方にお届ける出来る様に頑張ります。

※1枚編み立てるのに15分 残業しても100~120枚/1日の生産能力です。


全ては、笑顔のために

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング