XCMGがカスタマイズされたマイニンググレーダーをリオティントに納入し、ハイエンド市場での成長を推進

共同通信PRワイヤー / 2020年10月28日 14時34分

写真

XCMG XDM80が鉱山建設現場で稼働中

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010286360-O1-933ZmV8e


AsiaNet 86304 (1972)


 

【徐州(中国)2020年10月27日PR Newswire=共同通信JBN】中国の大手建設機械メーカーXCMG(SHE: 000425)は、カスタマイズされたGR2605グレーダーのフリートをリオティントの鉱山に納入する一方で、リオティントのカスタマイズされたGR5505マイニンググレーダーの製造プロセスを活性化した。


リオティント向けにカスタマイズされたGR2605グレーダーモデルは、中国の機器製造業界が前進し、要件の厳しいハイエンド市場にサービス提供する中で、新たなマイルストーンを印すものである。


Rio Tinto Chinaの購入担当ゼネラルマネージャー、Greg Courts氏は、GR2605グレーダー・カスタマイズ・プロジェクトの成功は双方の協力の結果で大きな成果であると指摘し、リオティントはXCMGが世界クラスの超大馬力のグレーダーを生産する能力を持っているとみていると述べた。


XCMGのGR5505は、イノベーション主導型の優れた品質管理を通じて、国内および国際市場の両方で数多くの超大型マイニンググレーダーの受注を獲得してきた。このモデルは、露天掘り鉱山、重負荷ブルドーザー、および他の高負荷条件下での景観仕上げ用に設計されている。


XCMGは、採掘機器とソリューションで豊富な経験を蓄積しており、手頃な価格で多様なニーズを持つ顧客向けに信頼性が高く、効率的で安全な製品を提供することにコミットしている。


XDM80マイニングトラックは現在、内モンゴル鉱山地域東部における推奨マイニング輸送車両であり、XCMGは今年2カ月で100台のXDM80トラックを同地域に納入することに成功した。これは、超耐久性のダンパー技術を備えた世界初の軽量機械駆動トラックであり、効率と品質を保証しつつ、露天掘り鉱山の過酷な環境に適応することができる。XCMGは現在、内モンゴル鉱山地域東部で稼働中の大規模採掘機器の50%を提供している。


一方、XCMGのXDE240電動ダンプトラックは、世界最大の石炭、火力発電、風力発電、石炭液化、石炭化学製品の生産者であるChina Energyから3億元(4500万米ドル)の受注を獲得した。定格荷重220tの高度で耐久性のあるXDE240は、大規模な露天掘り鉱山や主要な土工建設工事向けに設計されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング