1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

写真家ベンジャミン・リー展「The UNIVERSE of an IMAGINATION」6月15日から東京・青山で開催

共同通信PRワイヤー / 2021年4月16日 12時30分

写真

左から建築家・隈研吾氏、高円宮妃久子殿下、ベンジャミン・リー

ポートレート&アートフォト45年の集大成、クラウドファンディングも実施中


Press Release

2021 年4月16日

エル・ステュディオインターナショナル


写真家ベンジャミン・リー展、東京・青山のスパイラルガーデンで6月15日から 「The UNIVERSE of an IMAGINATION」開催 ポートレート&アートフォト45年の集大成、クラウドファンディングも実施


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104153745-O1-M2iO23vh

(ベンジャミン・リー=写真右=と高円宮妃久子殿下=同中央、建築家・隈研吾氏)


 エル・ステュディオインターナショナル(オフィス:東京都港区南青山、代表:さかよりのりこ)は16日、当社がプロデュースしているフォトグラファー(写真家)、ベンジャミン・リーの写真展「ベンジャミン・リー展2021 『The UNIVERSE of an IMAGINATION』(作品:1975-2021)」を、2021年6月15日(火)から27日(日)まで、「スパイラルガーデン」(東京都港区青山5-6-23 スパイラル1階)で開催することを決定しましたのでお知らせいたします。


 カナダで生まれ、イギリスで広告写真が評価され、その後30年以上にわたり日本を拠点に活動してきたベンジャミン・リーは、世界的なアーティストや文化人のポートレート写真作品で世界的に高い評価を得ている写真家です。ベンジャミン・リーの45年間にわたる活動を紹介する本写真展は、新型コロナウイルスが世界的パンデミックを引き起こし続ける状況下で、ベンジャミン・リーの有力な国際ネットワークを通じて日本と世界、また日本文化の来し方・行く末を余すところなく発信する機会となります。


◆「ベンジャミン・リー展2021」開催の目的について

 13日にわたる本写真展の期間中は全て入場無料で、全ての人が自由にアートに触れ、鑑賞できるようにしました。コロナウイルスとの戦いが続くこの困難な時期に際し、写真家ベンジャミン・リーが半生をかけて撮影してきた、あふれるばかりの感性と才能をもつアーティストや、輝きに満ちた一流の著名人たちのポートレート作品を展示します。この写真展を通じて、世界に多大な功績を残してきた彼らの情熱や影響力、そして芸術性を、来場者の皆様に感じてもらうことを願っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング