1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

とかくこの世は「目」に厳しい! ヘルス・グラフィックマガジン Vol. 41「目の不調」号発行

共同通信PRワイヤー / 2021年9月15日 11時2分

写真

HGM41「目の不調」表紙

少しいたわってあげませんか?


 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109139971-O4-26j2801S


アイセイ薬局は9月15日、健康情報誌『ヘルス・グラフィックマガジン(以下、HGM)』Vol.41「目の不調」号を発行しました。HGMは毎号ひとつの症状にフォーカスし、医師や専門家監修のもと、メカニズム・改善方法・発症リスクなどをこだわりぬいたクリエイティブで解説する季刊フリーペーパーです。


現代は「目」にとって超過酷な環境……

最新号のテーマは「目の不調」。スマホにパソコン、タブレット。多くの人がデジタルデバイスに長時間囲まれている現代、目にとっては超ブラックな環境です。新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化する中、オンライン会議、おうち時間の動画視聴やネットショッピングなど、さらに利用機会・時間が増加しています。知らないうちに、さまざまな目の不調が忍び寄っているかも……。

そこでHGM最新号では専門医監修のもと、目にやさしい生活のための情報をお届けします。


「ゲーム・スマホばっかりだと、まなこべったりが出るよ!」

子どもたちの近視や若い世代の「スマホ老眼」など、現代の目の不調が増えています。スマホやゲームに夢中になっていると、知らないうちに忍び寄ってきて悪さをする「近視妖怪 まなこべったり」。子どもたちの健やかな成育のために、目を酷使するリスクや対策を知ってほしいと思い、本誌オリジナルの妖怪を制作しました。


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109139971-O3-or70h9rD


「スマホ老眼」のセルフチェックと対策のページは、ギャル雑誌風ページに仕立てています。


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109139971-O2-8mlDmb9E


 

そのほか、さまざまな目の不調とその原因、加齢に伴って起こる代表的な目の病気、目にやさしい照明環境、目をいたわるレシピ、新しい治療法やサポートツールなど、現代の「目の不調」にまつわる情報を“正しく・わかりやすく・楽しく”紹介しています。


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109139971-O1-9nu2651E



【ヘルス・グラフィックマガジンについて】        

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング