1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

今年、国内最大の工作機械見本市を開催 「メカトロテックジャパン(MECT)2021」を10月20日から名古屋で

共同通信PRワイヤー / 2021年9月22日 11時0分

写真

426社・団体、1,796小間


2021年9月22日

株式会社ニュースダイジェスト社

愛知県機械工具商業協同組合


 株式会社ニュースダイジェスト社(名古屋市千種区、代表取締役社長・樋口八郎)と愛知県機械工具商業協同組合(理事長・水谷隆彦)は10月20日(水)~23日(土)の4日間、工作機械見本市「メカトロテックジャパン(MECT)2021」を名古屋市港区の名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で開催します。新型コロナウイルスの感染防止対策に必要なスペースや通路幅を捻出するため、募集小間数を例年よりも1割ほど削減しました。出展者数は426社・団体(前回477社・団体)。そのうち50社(同58社)が初出展です。展示規模は1,796小間(同1,941小間)で、国内で今年開催される工作機械見本市としては、最大規模となります。会場内に展示される工作機械は大小含めて197台、鍛圧・板金機械は17台。また、982点の新製品(1年以内に発表されたもの)が展示される予定です。世界24カ国・地域から製品が一堂に会します。(※いずれも9月21日現在)

 毎回、世界最先端の技術の実演展示に挑戦するコンセプトゾーン(主催者企画展示)では、「未来を変える新時代の自動化」をテーマに、生産現場に最適な産業用ロボットの活用法や高度化したシステムなどを会場内で紹介します。人手不足の深刻化や生産性向上に加えて、生産現場での新型コロナウイルスの感染拡大を予防する観点からも関心の高まるロボットの新たな可能性に迫ります。また主催者企画のセミナーでは、トヨタ自動車や日産自動車、ボーイング、安川電機などから講師を招き、それぞれの分野からものづくりの今後について講演します。

 今回展では出展者および来場者を含めた関係者の皆さまの安全を最優先に考え、新型コロナウイルスの感染状況を注視し、状況に合わせた感染防止対策を講じながら、開催に向けて準備を進めております。開催期間中も各種対策を講じて会場運営にあたります。詳細につきましては公式サイトの特設ページ(https://mect-japan.com/2021/about/antivirus.html)でご案内します。


【MECT2021概要】

●会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

●開催期間:2021年10月20日(水)~10月23日(土)の4日間

●開場時間:10:00~17:00 ※22日(金)は18:00まで、最終日23日(土)は16:00まで

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング