京都の新規感染者は府職員ら22人、50代男性が重症 新型コロナ、1日詳報

京都新聞 / 2020年8月1日 23時50分

京都府庁

 京都府と京都市は1日、新たに22人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者は府内9市町で確認され、感染経路の不明者は15人だった。京都市の50代自営業男性1人が重症という。府内の感染者は計809人となった。

 府によると、府農林水産部の50代男性職員の陽性が確認された。男性は7月30日に府庁(上京区)で勤務した後に発熱し、翌31日は出勤していない。感染経路は不明という。このほか宇治市や亀岡市、京都府与謝野町など10~80代の男女8人が陽性だった。

 京都市が新たに確認した感染者は13人。クラスター(感染者集団)関連では、市内のラウンジを7月中旬に利用した50代男性会社員が感染したほか、市立病院(中京区)の40代女性看護師も新たに陽性が判明した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング