清流に白のゆらめき バイカモの花が見頃 滋賀・米原

京都新聞 / 2020年8月30日 16時43分

水中から花を出して咲き誇るバイカモ(米原市醒井・地蔵川)

 滋賀県米原市醒井の地蔵川で、キンポウゲ科のバイカモの花が見頃を迎えている。連日の日照りが続く中、清らかな流れに白い小花が咲き誇り、涼やかな光景を演出する。

 バイカモは水生多年草で、流水の中に自生し、梅のような花びらを付ける。「居醒(いさめ)の清水」を水源とした川は、年間を通して14度前後の水温に保たれ、約1キロにわたって群生地が続く。

 蒸し暑い中、訪れた人は川沿いをそぞろ歩き、ひんやりとした流れに手を浸したり、写真撮影したりして涼を感じていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング