「#宇治茶カフェ」付けてお茶やスイーツの感想を ツイッターでキャンペーン

京都新聞 / 2020年9月22日 14時0分

宇治茶カフェを紹介する冊子と、「うじちゃ~る人」のぬいぐるみ(左下)=宇治茶の郷づくり協議会提供

 京都府茶業会議所などでつくる「宇治茶の郷(さと)づくり協議会」は、宇治茶を使ったメニューがそろう「宇治茶カフェ」のPRキャンペーンを短文投稿サイト「ツイッター」で実施している。カフェの店内で撮った写真を投稿すると、500円分のカフェ利用券が抽選で当たる。


 宇治茶カフェは、良質な宇治茶を提供し、お茶の歴史や入れ方などを説明できると同協議会が認定した山城地域や京都市内などの40店。府山城広域振興局のホームページに一覧が掲載されている。


 キャンペーンでは、同協議会が管理する宇治茶のキャラクター「うじちゃ~る人」のアカウントをフォローする。その上で、訪れた宇治茶カフェの店舗名と感想、お茶やスイーツの写真に「#宇治茶カフェ」を付けてツイッターに投稿する。


 締め切りは第1回が10月15日、第2回が12月31日。各10人にカフェ利用券が贈られる。


 同協議会は「うじちゃ~る人は毎日、宇治茶の豆知識をつぶやいている。ツイッターを通じて若者が宇治茶に親しんでくれたらうれしい」と話す。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング