受験生はマスク姿、激励の姿なく 初の大学共通テスト始まる

京都新聞 / 2021年1月16日 17時43分

マスク姿で大学入学共通テストの試験会場に向かう受験生たち(16日午前8時18分、京都市左京区・京都大前)

 大学入試センター試験の後継として初めて実施される大学入学共通テストが16日、全国各地で始まった。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、大学入試シーズンが本格的に幕を開けた。全国で昨年よりも2万2454人少ない53万5245人が志願。受験生たちは感染防止に努めながら志望校の合格を目指し、最初の「関門」に挑んだ。


 共通テストでは、英語のリスニングの配点がセンター試験の5分の1から半分に増加。一方、計画されていた英語の民間検定試験や国語・数学の記述式問題の導入が相次いで見送られるなど一時大きな混乱が生じた。今年はコロナ禍に伴う昨年の休校措置で学習に遅れが出た現役生のため、16、17日の第1日程以外に30、31日の第2日程が設定された。


 志願者の前年比減少数はセンター試験を通じて過去最多となった。うち浪人生は1万9369人減とリスニングが初導入された2006年度入試に次ぐ減り幅となった。共通テストの初日は午前に地理歴史・公民、午後に国語と外国語、17日は理科と数学がある。


 京都府内で会場となった計15大学のうち最大の京都大(京都市左京区)では午前8時前から、マスク姿の受験生が続々と集まった。例年は大学周辺で高校や学習塾の関係者が受験生を励ます光景が見られるが、国が自粛を呼び掛けたことから今年はほとんどなかった。洛南高3年の女子生徒(18)=大阪府寝屋川市=は「休校中は自宅学習で集中しづらい時もあったが、頑張ってきた。初めての共通テストで不安はあるが、力を発揮したい」と語った。


 滋賀県内は計5大学であった。受験生が密集しないよう誘導スタッフが多めに配置された滋賀大大津キャンパス(大津市)では試験室に入る人数が例年より減らされ、受験生が静かに試験開始を待った。膳所高3年の男子生徒(18)=大津市=は「英語の民間試験などを巡って混乱したこともあったが、何とか立て直してきた。休校中も自分で頑張ったので、準備してきたことをしっかりやりたい」と力を込めた。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング