プチプラ「グレーアイシャドウ」で旬顔に!おすすめ2つ

つやプラ / 2018年4月13日 19時30分

使いにくそうと思われがちな「グレーのアイシャドウ」ですが、実は、旬なツヤメイクと相性が良いのです。かわいいだけではないツヤメイクを楽しんでみませんか?

今回は、コスメコンシェルジュの筆者が「グレーのアイシャドウを使用した旬なアイメイク術」をご提案します。

■単色グレー×シルバーラメでツヤのある大人顔に

グレーアイシャドウは何色ものカラーを重ねてグラデーションをつくるのではなく、単色でグラデーションをつくるとナチュラルな仕上がりになります。

また、グレーの色味によっては発色が濃くなる場合があるので、チップではなくブラシを使うことがポイントです。

単色グラデーションののせ方

(1)まずは単色のグレーをアイホール、そしてまぶたに重ねます。粉っぽくならないように、余分な粉を払いながら重ねていきましょう。
(2)仕上げは、シルバーのラメをアイホール(黒目の範囲)にのせていきます。ラメをのせることでツヤっぽさが生まれ、より大人な印象に近づきます。

パウダーアイシャドウを使用する際はアイシャドウ下地を使うことで、見た目が美しくなり崩れにくくなります。

■コスメコンシェルジュおすすめ!注目のグレーアイシャドウ

カラーステイ クリーム アイシャドウ/レブロン

クリームタイプのアイシャドウもおすすめです。グラデーションをつくりやすいうえ、ヨレにくいのが嬉しいポイントですね。
(全6色 税抜価格1,200円)
※画像カラー:760 アール グレー

ジュエリーシャドウベール/キャンメイク

ラメだけのパレットです。大粒と小粒の2つのラメをシーンによって使い分けることができ、単色グレーにアクセントをつけることでツヤっぽい仕上がりになります。
(全2色 税抜価格600円)
※画像カラー:01 イノセントクリスタル

■アクセントカラーをプラスして、グレーアイシャドウを楽しむ

グレーのアイシャドウにアクセントカラーをプラスすれば、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。特に、グレーと相性がいいのは「グリーン」と「ブルー」です。

アクセントカラーアイズ CC/インテグレート

こちらは、アイホールにベージュ、まぶたにグレー、目のキワにグリーン(カーキ)をのせたアイメイクになります。ベースにベージュを使うことで浮かない印象になり、アイライナーがわりにグリーンのシャドウをのせることでナチュラルな目力も生まれます。
(全5色 税抜価格980円)
※画像カラー:GR691

■グレーのアイメイクに+ワンカラー

こちらの写真は、単色グレーのアイメイクに少しくすんでいるブルーのアイシャドウをプラスしたアイメイクです。クールでハンサムな印象を与えます。

こちらの写真は、単色グレーのアイメイクにブラックのラインカラーをプラスしたアイメイクです。凛とした大人の印象を感じさせますね。

こちらの写真は、ピンクのアイシャドウを下まぶたにプラスしたアイメイクです。春らしさやカジュアルな印象を与えます。

■アイメイク以外のパーツのまとめ方

グレーのアイシャドウを使う場合、ベースメイクはツヤっぽく仕上げるのがポイントです。

また、チークやリップは、ベージュ系にすると全体的にまとまりやすくなります。特に、グレーの色味を濃くした場合、ほかのパーツを引き算したメイクをしましょう。

グレーのアイシャドウ、試してみたくなりましたか? ブラウンのように使いやすい色も便利ですが、今シーズンはグレーのアイシャドウで、旬なメイクを楽しんでみてくださいね。

(コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻
日本化粧品検定1級保有。美容部員の経験を生かし美容ライターに転身。コスメのみならず、食生活や生活習慣を含めた美容に役立つ情報を発信中。)

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング