口臭予防に◎「緑茶マウスウォッシュ」レシピ2つ

つやプラ / 2018年5月1日 12時0分

ちょっと匂いの強いものを食べたりすると、翌朝とても口臭が気になりますよね。そんな時に強い味方になるのが「マウスウォッシュ」です。

緑茶を使ったマウスウォッシュを手作りしてみませんか?

5月1日は緑茶の日。ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、美味しくいただくだけでなく、マウスケアにも使える緑茶の活用法をご紹介します。

■「カテキン」パワーで自然な口臭対策

緑茶といえば、「カテキン」という成分を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。このカテキンとは、緑茶の持つ、渋味や苦味のもととなるものです。

強い殺菌・抗菌作用があるため、口臭の原因である口の中の細菌を抑えて、気になるにおいを予防する効果が期待できるのです。

■お茶として飲むことも有効的

もちろん、お茶としていただくだけでも口臭予防は期待できます。また、緑茶をそのまま口に含んでうがいをすることもおすすめです。

ひとつ気を付けたいのは、あまり緑茶を濃く淹れないようにすることです。濃く淹れた緑茶を飲むと「カフェイン」を多く摂取してしまうため、必要以上に利尿作用が進んでしまうからです。

(1)「緑茶チンキ」で作るマウスウォッシュ

マウスウォッシュのもとになる「緑茶チンキ」を作っておくと便利です。マウスウォッシュのほか、炭酸水に数滴落として楽しむこともおすすめです。

材料(作りやすい分量)

・緑茶の茶葉 30g
・ホワイトリカー 300ml

作り方

(1)容器に茶葉を入れ、ホワイトリカーを注ぎます。
(2)冷暗所で2週間漬け込んだら、キッチンペーパーなど漉して完成です。

(2)緑茶マウスウォッシュ

上記でご紹介した「緑茶チンキ」を水で10倍に薄めて使います。

※「緑茶マウスウォッシュ」を使う前には、歯磨きを済ませて口の中の細菌を落としておくことをおすすめします。使用後は、水で口をすすぐ必要はありません。

あらゆる美味しいお茶に囲まれている私たちですが、緑茶の美味しさは日に1度は味わいたいものですね。味と香りを楽しみながら、ナチュラルな口臭対策を行いましょう。

(ウエルネス&ビューティーライター
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング